12月8日イベント更新!初心者・初挑戦者のためのエクストラクエスト「討滅戦」フェンリルまとめ

12月8日イベント更新!初心者・初挑戦者のためのエクストラクエスト「討滅戦」フェンリルまとめ

「討滅戦」ケロベロス/フェンリル(2016/12/8 17:00~12/13 21:00)

エクストラクエスト「討滅戦」
ケロベロス/フェンリル
ケロベロス討滅戦・フェンリル討滅戦

初心者・初挑戦が優先的に取りたい報酬

フィンブル(水・弓)

スキル:渾身(大)+Lv120で守護(小)追加

2016年11月の修正で弱体化。ヴァルナ編成をする際には複数本あるとよい。それ以外では重要性が低いが武器が揃わない序盤では使える。

追加予定のハウンドドッグやサイドワインダーなどのメイン武器としても使えるので4凸1本は欲しい。

その他の消耗品

エリクシールハーフ・栄光(1周目3個)・JP等必要に応じてとろう。
古戦場が控えているので半汁は必須レベル。

あれ?グレイプニルとか召喚石は??

SSR武器が無ければ取ろう。程度。ヴァルナ編成を目指す場合は複数本必要。マグナ運用だと四象で交換できる水斧の方が使える。

フェンリル討伐方法

フェンリルVERY HARD、EXTREME

1戦目はペンギンは後回し、他を特殊技が打たれる前に倒す。

2戦目は ドローミ→サボテン の順に倒す。
ドローミの毒は20ターン継続のため注意。

オルトロス(下の敵)は、特殊技が約3000ダメージの全体攻撃。オルトロスに攻撃を集中させ、オルトロスの技発動前に倒す。

3戦目のフェンリルは、OD技よりも通常攻撃の方がやっかいで攻撃力UPからのOD技が一番痛い。
速めにODさせ、HP50%以上でOD技を一度撃たせるようにHP調節する。

フェンリルMANIAC

2戦目に闇属性のLv50ガルムが単体で出現。

HP50%の特殊行動は無く、EXTREMEとあまり変わらない。

フェンリル難易度HELL(60・100・120)

2016年8月の復刻で、前回までのHELLが廃止。新たにLv60HELL、Lv100HELL、Lv120HELLが追加・細分化された。
初回はLv60HELLしか選択できないが、クリアすることで次の発生時に上の難易度に挑戦できるようになる。 Lv100→Lv120も同様。
それぞれの強さはLvの数字が目安になる。Lv60HELLはEXTREME(Lv50)とMANIAC(Lv75)の中間の難易度、Lv100HELLはMANIACよりもやや難しい、Lv120HELLは相当難しいと考えてよいだろう。
それぞれの難易度の違いとしてフィンブルの交換及び最終上限解放に使う新しいアイテム「クレセントシャックル」のドロップ数が1個(Lv60),2個(Lv100),3個(Lv120)と増える模様。
なお、MANIACとは違い雑魚と戦うことなく直接フェンリルと戦うことになるため道中でのポーション支給などはなく、持ち込み分しかない。

以下は2015年12月時点の旧HELL攻略情報だが、Lv60HELLにはそのまま流用できると思われる。

攻略の前提としてはアビリティ「かばう」持ちキャラがいること。また、ホーリーセイバーのファランクス&かばうを併用すればOD特殊技を無傷で凌げるが、スロウが一枚減るのが難点。逆に苦戦を強いられるかもしれない。
加えて、アルルメイヤ(スロウ&ディスペルマウント持ち)か、カリオストロ(効果の大きい回復持ち)がいると心強いが、いない場合はラムレッダ・コワフュール・カタリナなどを連れていきたい。なお、アルルメイヤを他属性のスロウ持ちで代用するのはやめておいた方が無難。有利属性でないことによるデメリットの方が目立つ。

アロレ3とミストを併用すれば、敵通常攻撃が大幅に弱まるので楽になる。アロレ3の代わりにブラインドで暗闇を狙っても良いが過信は禁物。編者の場合はサブ石とフレ石に任せている。
アルルメイヤがいる場合はスロウを使い切り、チャージターンが溜まった辺りで火力次第ではODに到達できる。その直後に奥義フルチェインをぶつければ、大体HP半分の特殊行動発動まで削ることが可能だが、上手く奥義ゲージが溜まっているとは限らない。戦力30000ほどでは基本的に持久戦となる。

もしフルチェインをぶつけてもギリギリHP半分に届かないと判断したらグラビティを使い、特殊行動のルナークライを発動させて時間を稼ぐという方法がある。ようは、かばう持ちが麻痺にならず、OD特殊技を吸い取ることができればいいので、ディスペルマウントを展開しているなら上記の時間稼ぎは必要ない。あとは順当に攻めることで勝利が見えてくる。

アルルメイヤがいない場合、戦力30000ほどでは一発目の特殊技を通常モードで食らうことになるうえ、後半でOD特殊技をまともに食らうことにもなると思う。だが暗闇などの総合的な成否や、アビリティの完全回避を使うなどすれば必ずしも致命的ではないので、繰り返し挑戦してみてほしい。

ディスペルマウント持ち (もしくはジャスミン(SR)・コワフュール(R)) がいない場合、タイミング次第では、かばう持ちが麻痺しないことを祈る必要がある。なお、この麻痺効果は成功率がさほど高くはないので、誰も痺れなかったりもする。

Lv100

単純にLvが上がりステータスが上昇、加えてLv60と比べフロストラウドの麻痺効果の命中率が高い。
Lv60との違いは、HP50%の特殊行動が無くなり、代わりにOD技がフロストラウド固定になり、フロストラウド→次ターンにフローズヴィトニルの特殊行動が追加される。

とはいえ、Lv120と比べHP%での特殊行動は無いので、それぞれのモードでの特殊技にさえ気を付けていれば安定して戦えるだろう。
ステータス上昇に伴い火力にもよるがブレイクに持ち込むまでに1度は特殊技を受けてしまう場合も出てくる。

通常モードではルナークライかヴァナルガンドを使用してくるが、このうちルナークライによる敵強化がかなり大きいため、
OD時の特殊技であるフロストラウド&フローズヴィトニルの連携への対策(詳細は下記参照)が取れているのであればさっさとODモードに持ち込んだ方が楽かもしれない。

ルナークライを撃たれてしまい強化が付いてしまった場合は、OD時の特殊技を撃たせるとフローズヴィトニルを使用した時点で付与されているバフ・デバフがすべて解除される。
このためルナークライを使われてしまった際、フロストラウド&フローズヴィトニルの対処が完璧にできることが前提の話だが、スロウなどで長引かせるよりも潔く特殊技を使わせ、ルナークライの強化効果を消してしまったほうが楽な場合が多い。

とにかくルナークライの敵攻撃力アップによるDA・TAが凄まじい火力なので、ディスペル系をできれば3つ、厳しいなら1つでも持ち込んでTAだけでも消すべきだろう。

Lv120

HPが75%、50%、25%を切った際、それぞれ特殊行動としてフロストラウド(全体攻撃、麻痺付与、敵攻撃力UP)を行う。
この麻痺は非常に命中率が高いので、素受けしてしまうとまず間違いなく麻痺になる。
これを被弾(GUARDも内部的には被弾扱い?)した場合、HPトリガーも無視して次ターンで必ずフローズヴィトニル(ランダム14回攻撃、敵バフ全消去)を発動する。
ダメージカット等の対策無しでは甚大な被害になるので、前述のフロストラウドをどうするか、が攻略の鍵になる。
幸い弱体耐性による回避が可能で、こちらの方法で回避した場合、フローズヴィトニルが発動しない。

忘れがちだが、OD時の特殊技もまたフロストラウドであり、
タイミングが悪いとODでのフロスト→フローズ(この間にHP区切りを跨いでしまった場合)、次ターンに特殊行動でのフロスト→フローズとなる可能性があるので注意。
以下、対策としてコメント欄で提示されたもの
SRジャスミンのレジストポーション、RコワフュールのフロスティングでフロストラウドをMISS化する。
フロストラウドをMISS(回避?)させると、何故かフローズヴィトニルを使わないので、避けてしまおうというもの。

センチュリオン(ダメージ無効)、ライトウェイトII(分身:ダメージと弱体を無効化)、空蝉(分身:同左)の3種を試して全てX
→耐性UPによるMISSでなければいけない?
フロストラウドをGUARD(無効化)し、フローズヴィトニルはダメージカットする。
SSRアルルメイヤや、SRラムレッダ等の弱体無効化(ディスペルマウント系)で麻痺を防ぎ、
SSRサラ等のダメージカットキャラで次ターンのフローズヴィトニルのダメージを軽減しよう、というもの。

フロストラウドの麻痺に対応できない場合は☆3水カーバンクルで耐える。
ラウドだけでなく次ターンのヴィニトルのダメージも50%カットされるので、生き残れる可能性が高い。
上記が難しい状況でかつ倒せそうに無いのであれば、無理せずLv100、Lv60に難易度を下げるのも手。

引用:フェンリル難易度HELL(60・100・120)

フェンリル参考動画

veryhard

EXTREME

Maniac

hell 100

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング